有限会社アクティブ
10:00~18:00
毎週水曜日及び祝日
2019年02月09日
ブログ

新生活の為の不動産便利ガイド~入居準備編②

「新生活の為の不動産便利ガイド」では皆さまがスムーズに新生活をスタートできる
ように引越しやそれに伴うさまざまな手続き等の情報と入居後のトラブル防止の為の
情報、お金にまつわることがらをお伝えしていきます。

皆さまが快適な新生活をお送りいただくためにお役にたてば幸いです。


引越しと各種手続き2

電話

電話の移転手続きはNTTの総合受付「116」へ連絡してください。電話の移転工事は特殊な場合を除き住居への立ち入りはありません。費用は工事内容によって異なります。また光ファイバーの工事等は管理会社や管理組合の同意が必要となる場合がありますので注意して下さい。

備考:電話線が引き込まれていない一戸建てや初めて電話回線を引く場合などは、立会いが必要になります。

郵便・銀行

郵便局への届出は簡単です。郵便局窓口に置いてあります葉書大の「転居届け」に必要事項を記入して、窓口に直接提出するかポストへ投函して下さい。転居届に記入の「届出日」から実際に転送が開始されるまでの処理に要する日数は、「3~7営業日」かかりますので、できるだけ余裕をもって届出を済ませましょう。※日本郵便のWEBサイト「e転居」でも手続きができます。

銀行口座の住所変更手続きは口座を開設した支店以外でもできます。手続きの際は本人確認書類(運転免許証やパスポート等)を用意してください。また、インターネットや郵送で変更可能な場合もありますので、詳しくは金融機関にご確認ください。

その他

住民票・印鑑証明の手続きは、まず引っ越す前の旧住居の市区町村役場で転居届を出します(このときに印鑑登録は自動的に抹消されます)。次に、新住居の市町村役場で住民票の転入届と印鑑登録の登録申請を出します。印鑑登録の登録申請には登録する印鑑と顔写真付きの公的証明書(運転免許証やパスポート等)を持参してください。

運転免許証は、引越し後に所轄の警察署もしくは運転免許センターで運転免許証の住所変更手続きを行います。このときに持参するものは運転免許証、印鑑、新住所を証明できるもの(新住所が記載されている住民票等)です。

その他必要な手続きとしては、車庫証明や自動車の登録変更が必要な場合があります。詳しくは所轄の警察署や陸運局にお問合せください。

この記事を書いた人
池田 篤志 イケダ アツシ
池田 篤志
LINE公式アカウント

友だち追加
arrow_upward